製造管理システム

弊社の製造システム

弊社は、日々変化するお客様の多種多様なご要望に、的確にかつ迅速に対応できる、受託総合(OEM)企業であります。

弊社の製造システムお客様の発展を第一に大量生産から小ロット生産、さらに実験用サンプルの微量生産まで、製品の機能性や流通、販売戦略など、お客様の多種多様なご要望に最善の設備・機器・生産システムでお応え致します。

受託生産においても機能性成分の評価から生産管理、商品開発に至るまで品質や納期、コストパフォーマンスの全てに満足して頂けるように目指していきます。

製造設備について

弊社では、大・小各ロット用生産設備、需要度の高い剤型品、充填・包装仕様などについて、最善の設備と機器、製造管理システムで、短納期・低コストを実現しています。

生産エリア

生産エリア内は、GMPに対応できる設備とクリーンな環境で徹底した衛生管理を行っております。

生産エリア

原料の種類、配合の割合等に応じ、各種機器を選定致します。

造粒・乾燥

多様な原料の造粒に対応する為に、流動造粒機、攪拌造粒機、押出し造粒機を配備しております。定形顆粒、不定形顆粒、打錠用顆粒、顆粒コーティング等を行っています。
また、少量から大量まで敏速に乾燥を行うための乾燥機も配備しております。

打錠・カプセル充填生産エリア

打錠は一部屋に一品目を原則に生産しており、コンタミ等が発生しないよう、徹底して管理しています。また、多種多様な剤型に対応致します。

包装

各種ボトル充填、アルミパウチ充填、スティック分包、三包シール分包、PTP包装等、最終仕上げまで多種多様なご要望にお応えします。

打錠・カプセル充填生産エリア

弊社では、菌製剤の受注生産も行っており、菌製剤専用のラインで混合、打錠、造粒、乾燥と各種のご要望に対応しております。

菌製剤について詳しくはこちらへ

包装

弊社では、本棟とは別に化成品棟があり、ここでは食品以外の化成品の打錠、包装を行っております。

打錠・カプセル充填生産エリア

弊社では、日々品質の向上を目指し、生産を行っております。原料の受け入れ検査から製品の検査まで、管理項目に対して厳重に実施しております。
品質管理室では、製品の一粒、一粒に責任とプライドをもって製品の安全性をトータルに管理し、各生産工程で造られた製品の品質管理を厳重にチェックし、確かな品質をお届けしております。

製造管理基準について

弊社では、通常、医薬品に適用されるGMPを健康食品にも積極的に導入しております。
安全性や品質確保のため、厳正な品質管理基準でお客様のご要望にお応えしております。

製造管理基準(弊社倉庫)製造管理基準(製造管理)

1.製品等の保管管理
 1.−01 原料及び資材の保管管理
 1.−02 中間品及び製品の保管管理

2.製造工程の管理
 2.−01 工程管理
 2.−02 製品ロットの管理
 2.−03 不良品の処置
 2.−04 作業前後の点検
 2.−05 中間品及び製品の未包装分の保管
 2.−07 工程記録書の作成
 2.−08 製造記録書の作成
 2.−09 仕込量の確認
 2.−10 収量の確認
 2.−11 製造管理結果を総括責任者へ報告
 2.−12 原料、製造方法、製造設備等の変更

3.作業員の作業管理等に関する事項

4.製造設備及び器具の管理
 4.−01 機械設備、計測機器の点検・整備
 4.−02 機械設備及び作業所の清掃
 4.−03 故障、異常時の処置

5.その他製造管理に関する遵守事項
 5.−01 作業場所の区分
 5.−02 生産設備の共用
 5.−03 立入制限

6.記録の保存

受託生産においても、機能性成分の評価から生産管理、商品開発に至るまで品質や納期、コストパフォーマンスの全てに満足して頂けるように目指していきます。