健康食品OEMについて

弊社のOEM(受託製造)

弊社は、日々変化するお客様の多種多様なご要望に、的確にかつ迅速に対応できる、受託総合(OEM)企業であります。

弊社のOEM(受託製造)お客様の発展を第一に、大量生産から小ロット生産、さらに実験用サンプルの微量生産まで、製品の機能性や流通、販売戦略など、お客様の多種多様なご要望に最善の設備・機器・生産システムでお応え致します。

受託生産においても機能性成分の評価から生産管理、商品開発に至まで品質や納期、コストパフォーマンスの全てに満足して頂けるように目指していきます。


 

受託品目について

弊社では、大・小各ロット用生産設備、需要度の高い剤型品、充填・包装仕様などについて、最善の設備と機器、製造管理システムで、短納期・低コストを実現しています。

 
■ 錠剤(打錠)
錠剤(打錠)【錠剤(打錠)の特徴】
打錠とは粉末原料を錠剤成型機にかけ、圧力によって固めることを言います。
この打錠加工は圧力をかければ常に固まる物ではなく、使用する各原料の特性や加工助剤の選定、更に錠剤成型機の各種設定(圧力・回転数等)を的確に処理する必要があります。
錠剤(打錠)形状(内容量)
丸型:5〜18mm(80〜1700mg)
異型:8〜11mm(200〜600mg)
 
■ 顆粒(定形顆粒・不定形顆粒)
定形顆粒【定形顆粒の特徴】
定形顆粒加工とは円筒形の顆粒のことを言います。
押出造粒機を使用し、直径0.8〜2.0mm、長さ2〜3mm程度の定形顆粒に仕上げます。
使用する原料の特性、物性(粒子の大きさ等)の把握や顆粒加工の前処理が必要な場合もあります。
不定形顆粒【不定形顆粒の特徴】
不定形顆粒とは顆粒を不定形にすることで、定形顆粒より溶解度を早くすることが可能です。
 
■ カプセル(ソフトカプセル・ハードカプセル)
ソフトカプセル【ソフトカプセルの特徴】
本来は、液状の成分である原料(液体成分)を粉末に加工することなくソフトカプセルに液状そのまま充填でき、顆粒や錠剤にすることが困難な場合に適しています。
ハードカプセル【ハードカプセルの特徴】
主に顆粒や粉末成分でそのまま飲むには抵抗のある苦味や臭いのあるものに適しています。
液状成分はカプセルの合わせ目からもれる可能性があるので適していません。
 
■ 菌製剤
弊社では、生産エリアに菌製剤専用の製造ルームを完備しております。
扱っている菌は乳酸菌、納豆菌、ビフィズス菌など、食品に使用される菌はすべて取り扱う事が可能です。

菌製剤について詳しくはこちらへ

 
■ 包装(三包・PTP・スティック分包)
包装(三包・PTP・スティック分包)
【包装(三包・PTP・スティック分包)】
弊社では、三包・PTP・スティック分包の他、ボトル充填(ガラス、プラスチック)、アルミパウチ充填等も対応しております。

 

OEM(受託製造)の流れ

弊社では、大・小各ロット用生産設備、需要度の高い剤型品、充填・包装仕様などについて、最善の設備と機器、製造管理システムで、短納期・低コストを実現しています。

OEM(受託製造)の流れ


 

取扱原料一覧表

弊社では、お客様のコンセプトに基づいて、多種多様の原料素材の選定を行います。
各種素材の機能性及び安全性における学術資料の収集、学会参加などを通し、情報の正確さ、使用判断を見極めます。

取扱原料一覧はこちらへ