品質管理システム

弊社の品質管理方針

製品の一粒、一粒に責任とプライドを。

製品の一粒、一粒に責任とプライドを。弊社は、食品製造のプロフェッショナルとして、製品の一粒、一粒に責任とプライドを持って製造し、食品を取り扱っているという一人一人の意識の向上を高め食品衛生にも責任とプライドを持っております。

従業員一人一人が、作業工程ごとの厳しい品質チェックを行い、従業員一同、高いプロ意識を持って技術、品質向上に取り組んでおります。

製品の安全性について

弊社では、世界から高く評価される「MADE IN JAPAN」の名に恥じない製品の安全性に自信をもって提供致します。

製品の安全性について弊社の経営方針である「安心、安全、高品質で低価格、確実で素早い納期を約束します。」の通り、原料の選定から始まり製造管理・品質管理等の全てに基準書・手順書を設けて管理しています。

GMP(適正製造規範)認定工場でより安心・安全・高品質を提供できますように企業努力を惜しむことなく更に前進して参ります。

日健栄協GMP認定取得

弊社は、財団法人日本健康・栄養食品協会のGMP(適正製造規範)認定工場です。
生産工程から最終製品に至るまで、安心・安全な高品質の製品を提供しております。

GMPとは、Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。
GMPの目的は、原料の受け入れから最終製品(または基原材料の受け入れから原材料)の出荷に至るまで、 適切な管理組織の構築及び作業管理(品質管理、製造管理)の実施(GMPソフト)と、適切な 構造設備の構築(GMPハード)により、製品の品質と安全性の確保を図ることです。

品質管理基準について

弊社では、通常、医薬品に適用されるGMPを健康食品にも積極的に導入しております。
安全性や品質確保のため、厳正な品質管理基準でお客様のご要望にお応えしております。

弊社の製造システム弊社の製造システム

1.原料の管理
 1.−1 原料の検体の採取
 1.−2 原料の試験検査

2.製品の管理
 2.−1 製品の検体の採取
 2.−2 製品の試験検査
 2.−3 製品の試験検査結果の判定

3.製品保存サンプルの採取及び管理
 3.−1 サンプルの採取
 3.−2 サンプルの保管

4.試験検査に関する設備及び器具の整備
  (器具の校正含む)

 4.−1 点検整備の対象及び方法
 4.−2 設備及び器具の校正
 4.−3 注意事項

5.記録の保存

弊社では、厚生労働省のガイドラインに沿った、財団法人日本健康・栄養食品協会GMP(適正製造規範)の認証を取得し、各企業さまおよび消費者さまに製品を安心して供給・使用して頂くことを考えています。